FC2ブログ

WITSEC

二人が結ばれたのは“天の配剤”

ペンタックスK-30で理緒さんを初撮り

昨日、注文していたペンタックスK-30が届きました。(オーダーカラーのため、注文から2週間ほどかかるのです)さっそく理緒さんのマンションに行き、彼女を撮りました。F1.4とレンズが明るいため、夜の室内でもノーフラッシュで撮れます。今までのコンパクトデジカメとはエライ違いです。残る問題は私のウデですね。(笑)...

2012
09

別れのカタチ

ある時理緒さんが「亡くなるのが分かっていて、奥さんをずっと看ていたのだから、あなたのほうが辛かったよね」と言った。それに対して「心の準備はできたし、嫁さんときちんとお別れもできたから…。突然ご主人を亡くした理緒さんのほうが可哀想だよ。お別れもできなかったでしょ…」と答える私。「あまりにも突然で実感がなかった。家を出る時は元気だったのに…」と彼女。妻のように発病から1年半で亡くなる人、長年の闘病生活の...

2012
08

命を繋ぐ…

妻が逝った哀しみから家族全員がまだ脱せていなかったある日、子どもたちにこう話をしました。「ママは死んでしまったけど、おまえたちには、結婚して子どもを持って、ママがどういう人間だったかを子どもに伝えてほしい」「そうでないと、ママがこの世に存在した証がなくなってしまう」「だから、ママの命を繋いでほしい…」母を亡くした辛さから、そして、妻を喪って魂の抜け殻のようになった私の姿を目にし、"再度の死別"を恐れ...

2012
05

理緒さんの“M”性

“愛の儀式”の様子を読んでいただければ、理緒さんに“M”性があることはすぐにお気づきになるハズ。羞恥心を刺激したり、やや強引な行為に及ばれると、彼女の興奮度はグンと跳ね上がる。本来“S”性がある訳ではない私がライト(?)SMに及ぶ理由はコレ。先日の営みでは、彼女の頭を押さえつけ、ペニス先端をゆっくりと喉奥まで送り込む本格的なイマラチオを初めて行なった。そんなことをされれば、当然彼女はえづく。苦しかっただろ...

2012
04

バースデー・デート

昨日、理緒さんとバースデー・デートをしてきた。午前中は二人とも用事があったので、デートはお昼過ぎから。まずはフレンチレストランで昼食。前菜2品&メイン1品のコースと前菜1品&メイン2品のコースを頼んでシェアする。前菜は、ホタテと枝豆のなんとか(名前を失念)、いちじくと生ハムのサラダ、カボチャの冷製スープ。メインは、鶏肉のココナッツ&クミン風味、カマスと野菜のグリル、そして仔羊と野菜のパイ包み。このフ...

2012
03